オーストラリアの医療制度 病院にかかるときはまずGP(General Practitioner、一般開業医)へ

こんばんは。

本日はオーストラリアの医療制度についてのお話です。

f:id:snowpeas0730:20170212232049j:plain

日本ではお腹が痛くなったら内科もしくは胃腸科、耳が痛いときは耳鼻科、こどもの具合が悪いときは小児科など症状によって行く病院を決めると思います。

ところがこちらオーストラリア、具合が悪くなったときはまずGP(ジーピー、General Practitioner)と呼ばれる一般開業医のところに行きます。

腹痛のときも、耳が痛いときも、こどもの具合が悪いときも、とりあえずはGPです。

 

GPとは

General Practitioner(ジェネラルプラクティショナー)と呼ばれる一般開業医のお医者さんのことです。

一般的な症状の場合はGPに行き、診察をし、処方箋をもらい薬局で薬を購入します。

超音波検査やレントゲン、CTスキャンなどが必要な場合はGPで紹介状を出してもらい、再度予約をして検査機関に出向くことになります。

そしてまた結果を聞きにGPへ。大抵の病気はGPで始まりGPで終わります。

メルボルンには日本語が通じるGPがいくつかあります。

 

GPで治療ができない場合や診断が難しい場合にSpecialist(スペシャリスト)と呼ばれる専門医へ紹介されます。専門医へ直接受診することはできず、必ずGPを通しての診察となります。

 

ちなみにGPは予約制なので、まずは病院に連絡を取り、予約をする必要があります。(予約制、こどもがいる身としてはとっさに病院に行けないのですこ〜し不便です。こどもはいつ病気したり怪我するかわからないからね(;´∀`))

 

 

GPに行かないケース

骨折のときや頭を打った等の救急のときはGPではなく総合病院(Hospital)のEmergency(救急外来)に行きます。

しかし、骨折後の経過観察や縫合したあとの抜糸はGPで行う場合があります。

また、歯科も直接歯科医院に予約を取り出向きます。

歯科が驚くほど高いんですよね(´・ω・`)お財布大打撃です…。

虫歯ができないように気を張る毎日。その話はまた今度。

 

薬局

こちらは院内処方はほとんどなく、処方箋をもらって薬局で購入します。

日本のような処方箋専用の調剤薬局ではなく、一般的な薬局の調剤コーナーに行って購入することがほとんどです。

 

気になるお値段は?

日本だと気軽に行ける病院も、海外だと気になるのが医療費。

こちらの国籍や永住権を持っている人はMedicare(メディケア)という日本で言う国民健康保険に加入できますが、そうでない人(観光の方・留学の方・ワーホリの方・駐在員の方)はオーストラリアの民間の保険か、あらかじめ日本で海外旅行保険に入る必要があります。

留学生はOSHC(Over Seas Health Cover)という留学生保険に入ることが強制です。これに加入しないとビザが発行されません。

GPでの治療費は大体70ドル〜80ドル。

海外旅行保険だと全額、こちらの民間の保険だと半分くらい戻ってきます。

救急は550ドルです。こちらは現地の民間会社でも全額返ってきますが、一時的に自己負担になるので痛い出費です。

返金手続きは日本よりも時間がかかります。

請求手続きはレシートを基に申請します。

申請〜返金までに平均1〜2週間、長いと1ヶ月以上待つこともあります。

(我が家は最長で6ヶ月かかりました。病院と保険会社に何度電話したことか( ;´Д`))

 

ちなみに

私も1度救急にお世話になりました。

なんとなんと、ガス溜まりが原因でした。

突然やってくる謎の腹痛、めっちゃ痛いけど原因不明。

脂汗でてくるし布団の上で痛くて止まっていられずゴロンゴロン転がっていたら、見かねた夫が連れて行ってくれました。

しかし、、ここからが大変でした。

救急、並ぶんです。

なんと、その日は5時間待ち(;´∀`)

突然やってくる、激しい痛みに耐えつつ待ちました。

痛み止めをもらい、ひたすら待つ。

帰ったほうが楽なんじゃないかと10分に1回は考えながらひたすら待つ。

半分寝かけたところでやっと名前を呼ばれ、それから尿検査、血液検査。。

痛いのか眠いのかわからず意識とびとび。そこでも待つ。ひたすら待つ。

椅子ではなく診察室のベッドに移動できたので今にも寝そうな私。

カーテンの仕切り越しに看護師さんの笑い声。

ちらっと隙間から覗いたら、PCを見ながら笑っている看護師さん。

陽気です(*´∀`)

結局夜中はエコーできないよ(早く言ってよ(゚∀゚)と思いました)ってことで再度痛み止めを飲み、そのまま入院。就寝。翌朝エコーにて検査。

結果、ガス溜まり。めっちゃ恥ずかしい。(・∀・)

ほろ苦Emergency体験談でした。いい経験! 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

wotnot!!紫外線大国でたどり着いたノンケミカルのベビー用日焼け止め

【その名もセタフィル】ソープフリー!乾燥大国のドクターがおすすめするボディウォッ...

【ズバリ】2017年、オーストラリアの物価は高い?安い?

NO IMAGE

海外でもつきたてお餅は作れるの巻

Macca’sってなんのこと?実は日本でもお馴染みのファーストフードの呼び名です

メルボルンの日本食スーパー事情