【ことわざ:早起きは三文の得】The Early Bird Gets The Worm

早起きは三文の得。

日本語でおなじみのことわざですが、英語でも同じ意味のことわざがあります。

鳥に例えられているよ

f:id:snowpeas0730:20170503232520j:plain

英語ではThe early bird gets the worm.

えさ場に早く来た鳥は虫をゲットできるよという意味です。

確かに朝の6時頃にスーパーに行くと人が少なく、のんびり買い物ができます。

パンなどはできたてほやほやが買えてラッキー!なんてこともしばしば。

(品物がまだ棚に並んでいないこともしばしば。笑)

朝早いとお得なことも

これにちなんで、オーストラリアではEarly Bird Serviceと呼ばれるものがちらほらあります。

例えば、カフェでのEarly Birdメニュー。

早起きした人限定のメニューがあったり、割引の金額になります。日本でいう朝得セットと同じですね。

他にも駐車場が割引になったり、時期によっては入場料がお得になるサービスもあります。

電車賃がタダになる!

ちなみに、メルボルンでは朝7時までに目的地の改札を抜けると、電車賃がタダ!

交通費の高いメルボルンでは助かるサービスです。

朝が早くて夜も早い

カフェは朝早くからやっているところがほとんどです。

大体が7時頃から、早いと6時半頃からやっているところもあります。

そして夕方4時を過ぎると店じまい。

ショッピングセンターは朝は9時頃から、夕方は6時頃に終わります。

(木金土は遅くまでやっていて、日〜水は早終わりがこちらのスタイル。)

夜は家族と家でのんびり、がオーストラリア流の過ごし方です。

ちなみに、ジムは24時間営業のところも多いです。スポーツ大好きオーストラリア。

駅前のジム、この前朝7時に駅に行ったらたくさんの人が汗を流していました。驚!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

簡単英語上達法、その1 モチベーションアップが大事!

NO IMAGE

TOEICスコア795の英語力、ネイティブの3歳児に完敗

ちょっとおしゃれな時計の読み方!時間についての英語表現

簡単英語上達法、その2 発音チェックはSiri&Googleにお願い!

【How come】「なぜ?」を意味する英単語。Whyとの違いは?

NO IMAGE

簡単英語上達法、その3 英語を話すときは音楽のように〜♪