日本の7倍!?紫外線大国のオーストラリア、こどもの日焼け止め対策

f:id:snowpeas0730:20170205002045j:plain

待ち焦がれた暑い夏、キラッキラに輝く太陽。

(もう終わりかけてます(ToT)今年の夏は短かった…)

この時期はデイライトセービングと呼ばれるサマータイム(夏時間)が導入されるので朝は6時頃から明るく、夜も8時半頃まで明るい太陽サンサンシーズンです!

(こどもの寝かしつけに一苦労!

私:暗くなったから寝ようね〜

子:まだお外明るいよ!

夏の間中この会話をしている気がします。忍耐!)

太陽のパワーが強く、日中1〜2時間外にいると

お日様の力ってすごいな〜と感心するのも束の間、なんか体痛い、あ、日焼けした〜(;´∀`)

を繰り返す日々です。

日焼け止めを塗っていても多少日焼けします。

(単に塗り方が雑なのかしら。なんてこった(・∀・))

恐るべしオーストラリアの紫外線!

 

赤ちゃんから大人まで日焼け止めは必須アイテム

幼稚園、小学校では『No Hat, No Play(ノーハット、ノープレイ)』といって帽子をかぶらない子は外で遊ばせてもらえません。

幼稚園の外遊びの前には必ず日焼け止めを塗り直し、帽子をかぶっているか先生たちがチェックします。

小学校のリュックにはキーホルダーと一緒に日焼け止めがぶら下がっている子をよく見かけます。みんなこまめに塗り直しているんですね。

また、この紫外線予防に関する標語もあります。

それがこちら↓↓

Slip, Slop, Slap, Wrap (スリップ スロップ スラップ ラップ)

長そでのシャツを着よう! (Slip on a long sleeved shirt!)
日焼け止めを塗ろう! (Slop on some sunblock!)
帽子をかぶろう! (Slap on a hat that will shade your neck!)
サングラスをかけよう! (Wrap on some sunglasses!)

 

サンスマートプログラム(在日オーストラリア大使館HPより)

オーストラリアは皮膚がんの患者数がとても多く、がん患者の半分、一節には80%だとも言われています。

そのため1980年代から国をあげて紫外線予防に取り組んでおり、これらのサンスマートプログラムが徹底され始めました。

(以前はWrapがなく、Slip, Slop, Slapの3つだったそう。)

 

特に日焼け止めと帽子は二大必需品。

この2つなしでは外で過ごせない(+サングラスもあるとベター)、というくらい夏の日差しはギラギラです。

小さい子用のサングラスも売っています。

種類が豊富で見ているだけで可愛いですヾ(*´∀`*)ノ

そんな夏の太陽、嫌いじゃありません。むしろ好きです、夏大好き。

でもね、夏大好きな私ですら、ジリジリ感じる太陽からの熱視線。

対策をしっかりしないとね。というお話でした。

 

みんなサングラスが似合ってうらやましい〜。

あぁ、もう少し鼻が高ければ…!と何度思ったことか。

イメージのなかではいい感じなんですけどね。

私がかけると面白いことになります。

The サングラスの似合わない女(*´∀`)

う、嬉しくない…!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

wotnot!!紫外線大国でたどり着いたノンケミカルのベビー用日焼け止め